外来を受診される方へ

大阪市立大学大学院医学研究科麻酔科学講座

ペインクリニック

ペインクリニック

ペインクリニックとは、全身の痛みを対象として治療を行う診療部門です。当科の外来には一日平均約40人、1年間でのべ約10000人の患者様が来られます。

当科で治療を行っている代表的な病気は、頭痛、五十肩、三叉神経痛などの顔面痛、ヘルペス(帯状疱疹)による痛み、腰痛、足の痛みとしびれ四肢の血流障害による痛み、神経因性疼痛などです。これらの頑固で慢性的な痛みを抱えた患者様が当科で治療を受けておられます。

ペインクリニックの代表的な治療法は、薬物療法、神経ブロック療法、そして理学療法です。当科を訪れる患者様の痛みは一般的な痛み止めでは効果が少ない場合が多いので、種類の違ういくつかの薬を併用し、痛みを和らげます。薬物による治療を行っても充分な効果が得られない場合、神経ブロック療法を行うことがあります。

神経ブロック療法とは神経に直接麻酔の薬を注入して脳へ痛みの刺激が伝わることを抑える治療法です。神経ブロックには針を用いますので、血をサラサラにする薬(抗凝固薬)を内服中の方や血が止まりにくい体質の方は受けることができません。そのような場合は理学療法や光線療法(レーザー治療)を行います。

痛みが続くということは本当につらいことです。
痛みでお悩みの方は一度当科にご相談ください。