医療関係者の方へ(研修医・学生)

大阪市立大学大学院医学研究科麻酔科学講座

麻酔科医師募集

我々は次世代の麻酔科医の育成に最大限の力を注いでいます。我々の情熱に応えてくださる方、又は我々と共に教育に力を尽くしていただける方を広く募集します。2018年度の大阪市立大学医学部附属病院麻酔科専門研修プログラムが麻酔科学会の一次審査を通過したので公開します。

募集対象
麻酔科専門医、認定医、
または麻酔科を専攻科とすることを志望する医師

募集人数
(来年度)
後期臨床研修 何名でも(一次募集締め切りは9月末)
大学院 2名
※スタッフへの応募、今年度の中途採用についても随時受け付けております。
詳細は下記連絡先にお問い合わせください。

担当業務
手術麻酔(希望によりペインクリニック)

処遇
大学院生、後期研修医(後期臨床研究医又は前期臨床研究医)


専門性、経験、技量に応じます。

次年度の大学院医学研究科
募集内容に関しては、こちらを参照ください。

連絡先
大阪市立大学医学部附属病院麻酔科 松浦 正(医局長)

e-mail
anesth@med.osaka-cu.ac.jp

HP
http://ocu-anesth.jp/

TEL
06-6645-2186(麻酔科直通)

FAX
06-6645-2489

施設概要

当施設は医学部学舎、附属病院、図書館全てがJR天王寺駅から徒歩5分の距離に隣接して立地しております。関西一円からの通勤が可能であると共に、診療、教育、研究において充実した環境を提供できます。

当院は2007年5月に電子カルテと電子麻酔記録を導入しました。このことによって効率的な業務が可能となりました。年間の麻酔科管理症例は5千件を超え、2007年より現在に至るまで全症例がデータベース参照可能であり、現在の麻酔管理に役立てられております。我々は当院の外科系全科の全身麻酔又は脊髄くも膜下麻酔の症例に携わっており、偏りのない麻酔の研鑽が可能です。また、施設における学術資料のデータベースも充実しております。

当直・オンコール回数は月3-4回程度です。医局員の負担が平等となるようにしています。当直業務・オンコール業務は手術麻酔です。勤務時間についてですが、朝は8:00から毎日症例カンファレンスを行います。抄読会や勉強会は3日に一度の頻度で7:45から行なっています。勤務終了は担当症例の麻酔管理が終了するまで、もしくは当直への引き継ぎ(18:00)が行われるまで、です。

後期研修医の先生方には希望により、ペインクリニック・救急部・ICU・関連他施設の研修を行っていただいています。麻酔科専門医取得を目指しながら、当教室の大学院博士課程に進学していただくことも可能です。